ブロとも申請 全記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONKYO SE-150PCI の動作確認

以前の記事 openSUSE 11.2 を使ってみて… では、
サウンドの出力が改善されていることをご報告しました。
といっても、アップグレード直後は、実は不安定だったので、再設定を行っています。
今回はアップグレード後に行った設定と、現在の設定をご紹介します、、、


<ハードウェア>
 ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-150PCI


<方法>
1.アップグレード直後は、サウンドカードの認識が不安定だったので、
 念のため、サウンドカードの再設定を行いました。
 設定方法は、下記の記事の<設定方法>の項をご参照下さい。手順は全く同じです。

 Bloody Rose - ウェブブラウザから音が出るようにする方法


2.「Alt」+「F2」キーを押して「KDE システム設定」を起動する。
soundcard11_2_setting01.png


3.「一般」タブのコンピュータの管理 > マルチメディア を選択する。
soundcard11_2_setting02.png


4.音声出力以下のツリー(音声出力、通知、音楽…)で PulseAudio が一番上(優先)されるように変更する。
soundcard11_2_setting03.png



以上です。
11.1 では、ボロボロだった PulseAudio が 11.2 では機能するようになっています!
この設定によって、OS の起動音もシャットダウン時の音も毎回出力されますし、
Firefox, KDE の音も出力されています。
設定後今のところは、不安定な動作になることもありません。問題なく使えています。

ただし、Skype は別です。
他のアプリケーションが音を出力している状態で Skype 音声通信はできていません。
これは、Skype 側が PulseAudio をうまく利用できていないことによるものと思われます。

Skype バージョン 2.0.0.72 を使っているので、
もしかしたら Skype のバージョンアップによって、解決されるかもしれません。
これについては、また後日ご報告したいと思います。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : openSUSE 11.2 サウンド

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログを購読する
プロフィール

Red456

ブロガー:Red456

最新情報

Red456_openSUSEをフォローしましょう
openSUSE 関連サイト
お気に入りのサイト
カテゴリ
NAS (1)
NFS (1)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
アクセス数
タグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。