ブロとも申請 全記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュアルディスプレイのポイント - ハードウェア編 -

openSUSEデュアルディスプレイの設定ができなくて困っている方、いらっしゃるかと思います。
かくいう、私もその一人でした。当ブログの過去のデュアルディスプレイ関連の記事を見ても
わかるかと思いますが、かなり迷走しましたし、四苦八苦した覚えがあります。

ということで、自分なりのデュアルディスプレイのポイントを
何回かに分けてご紹介したいと思います。
皆さんの環境に適用できるかどうか分かりませんが、ご参考になれば幸いです。

<ポイント>
グラフィックカード、モニタが正しく認識しているかどうか確認する。


<手順>
1.YaST > ハードウェア > グラフィックカードとモニタ を起動する。
dualdisplay_point00.png

2.下記の図の「カード」と「モニタ」に正しく製品名が表示されていることを確認する。
dualdisplay_point01.png

表示されていなければ、ハードウェアが正しく認識されていないことが考えられます。
ハードウェアメーカーの Web サイトでドライバなどがダウンロードできないかどうかや
openSUSE(Linux)への対応状況などを調べておいた方がいいでしょう。
この場合は、デュアルディスプレイができない可能性も出てくると思われますが、
問題なくモニタに画面が写るようであれば使える可能性もあります。

尚、下記リンク openSUSE の Web サイトにハードウェアの対応情報があります。
対応している機器を使うと、利用できる可能性が高くなります。
ただ、対応と書かれているからと言って、絶対に使えるという保証はありませんので、
そこまでは当てにしないほうが賢明かと思います。
また逆も然りです。リストに載っていないからといって使えないということでもありません。
その場合は、実際に試してみるほかありません。

openSUSE.org HCL/Monitors
openSUSE.org HCL/All Video Cards


以上です。
デュアルディスプレイを有効にするに当たって、1つ目のポイントは、
そもそもハードウェアが正しく認識しているかということをご紹介しました。

ハードウェアといってもディスプレイ関連ですので、
モニタとグラフィックカード、この2つをチェックすれば良いということになります。
次回は、グラフィックカードのドライバのポイントについてご紹介したいと思います。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : openSUSE デュアルディスプレイ ハードウェア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログを購読する
プロフィール

Red456

ブロガー:Red456

最新情報

Red456_openSUSEをフォローしましょう
openSUSE 関連サイト
お気に入りのサイト
カテゴリ
NAS (1)
NFS (1)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
アクセス数
タグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。