ブロとも申請 全記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YaST > HTTP サーバ メインホスト

以前の記事で、YaST > HTTP サーバ サーバモジュールをご紹介しました。
今回は「メインホスト」タブの設定項目をご紹介します。

<手順>
1.YaST > ネットワークサービス > HTTP サーバを起動する。

2.「メインホスト」タブを選択する。

3.Apache HTTP Server の設定一覧が表示される。
apache_yast_tabC01.png

4.一覧から編集する項目をクリックするとダイアログが表示され編集できる。
 また「追加」「編集」「削除」ボタンで設定項目の編集ができる。
 各設定項目の概要は下記の通り。
 尚、当設定を変更は、/etc/apache2/default-server.conf の編集に相当。

4ー1.ドキュメントルート(DocumentRoot)
 ウェブから見えるメインのドキュメントツリーになるディレクトリ。
 (※末尾にスラッシュを付けてはいけない。)
apache_yast_tabC02.png


4ー2.Directory
 特定のディレクトリに対しての設定。
 (※設定は階層構造になっている。)
apache_yast_tabC03-1.png

apache_yast_tabC03-2.png

4ー3.Alias
 URL をファイルシステムの位置にマップする。
apache_yast_tabC04.png

4ー4.ScriptAlias
 Alias と同じ機能。マップ先が CGI スクリプトになる。
apache_yast_tabC07.png

4ー5.mod_userdir.c(IfModule)(※バグ発見!)
※2009/08/27 現在 バグあり! バグ詳細については後日報告します。
 現状、とりあえず無視すること。)
apache_yast_tabC08.png

4ー6.Include
 ロードする外部の設定ファイル。
apache_yast_tabC05.png

4ー7.サーバ名(ServerName)
 サーバ自身のホスト名。
apache_yast_tabC09.png

4ー8.サーバ管理者のメールアドレス(ServerAdmin)
 エラーメッセージの送信先の電子メールアドレス。
apache_yast_tabC06.png

5.各種設定を行ったら「完了」ボタンを押下し、設定を反映させる。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : openSUSE Apache Webサーバー YaST

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログを購読する
プロフィール

Red456

ブロガー:Red456

最新情報

Red456_openSUSEをフォローしましょう
openSUSE 関連サイト
お気に入りのサイト
カテゴリ
NAS (1)
NFS (1)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
アクセス数
タグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。