ブロとも申請 全記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バグ報告:YaST > HTTP サーバ 待ち受けポートとアドレスの設定

以前の記事、YaST > HTTP サーバ 待ち受けポートとアドレスの設定で発見した
バグ報告します。

<アプリケーション名>
 YaST > HTTP サーバメニュー


<内容>
 「待ち受けポートとアドレスの設定」タブの待ち受けるポート設定で
 ポート番号とネットワークアドレスの値が正しく表示されない。


<再現手順>
1.YaST > ネットワークサービス > HTTP サーバを起動する。

2.「待ち受けポートとアドレスの設定」タブを選択する。
apache_yast_tabA_bug01

3.「追加」または「編集」ボタンを押下する。

4.ポートに「80」、ネットワークアドレスに「127.0.0.1」を入力し、
 「OK」ボタンを押下する。
apache_yast_tabA_bug02


5.正しく設定されていることを確認し「完了」ボタンを押下する。
apache_yast_tabA_bug03

6.再度、YaST > ネットワークサービス > HTTP サーバを起動する。

7.ネットワークアドレスが全てのアドレス、ポートが127 となっており、
 正しい値が表示されない。
apache_yast_tabA_bug04

ただし、/etc/apache2/listen.conf ファイルを見てみると
 Listen 127.0.0.1:80
と正しく設定されていることから、あくまで表示が誤っているだけであることがわかる。

ちなみにこの状態で「編集」ボタンを押下すると、
ポートが127, ネットワークアドレスが全てのアドレスと入力されてしまう。
表示は誤っているが、変更を加えなければ、設定が書き換わることはない。
apache_yast_tabA_bug05


<対策>
1.ネットワークアドレスを「全てのアドレス」にする。
 例えば、
・ポート:80
・ネットワークアドレス:全てのアドレス
 で設定すると、正しく表示される。
 ネットワークアドレスを指定してしまうと誤った表示になるため、
 ネットワークアドレスは、全てのアドレスにすることで当問題を回避できる。

2.設定は通常通り行い、誤った表示は無視する。
 ポートとネットワークアドレスを設定すれば、その通りに正しく設定される。
 誤った表示がされるが、変更しなければ書き換わることはないため、
 表示は無視する。

3./etc/apache2/listen.conf ファイルを直接編集する。
 この方法が一番確実だが、くれぐれも文法ミスには注意すること!


以上です。
単純なプログラムのミス、
テキストデータの解釈のロジックが間違っているだけかと思います。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : openSUSE Apache Webサーバー YaST バグ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログを購読する
プロフィール

Red456

ブロガー:Red456

最新情報

Red456_openSUSEをフォローしましょう
openSUSE 関連サイト
お気に入りのサイト
カテゴリ
NAS (1)
NFS (1)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アクセス数
タグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。