ブロとも申請 全記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KPackageKit のインストール

11.4 の変更点として、パッケージのアップデート管理ツールが KUpdateApplet から KPackageKit に変わりました。11.4 へのアップグレード時に KUpdateApplet は削除されましたが、何故か KPackageKit はインストールされていませんでした。

今回は、KPackeageKit のインストール方法をご紹介します、、、

<方法>
1.YaST > ソフトウェア > ソフトウェア管理を起動する。

2.キーワードに kpackagekit と入力して、検索ボタンを押下する。

3.kpackagekit, kpackagekit-lang にチェックを入れる。
kpackagekit01.png


4.他に必要なパッケージ一覧が表示されるので、確認し「続行」ボタンを押下する。
kpackagekit02.png


5.インストールが開始され、しばらくするとインストールが完了する。

6.「Alt」+「F2」キーを押下し「システム設定」と入力後、KDE システム設定を選択する。
kpackagekit03.png


7.システム管理 > ソフトウェア管理を選択する。
kpackagekit04.png


8.KPackageKit の画面が表示される。
kpackagekit05.png


以上です。
これで KPackageKit が利用できるようになったか思います。

11.4 では、このソフトウェア管理を使って、アップデートのチェック・実行を行うようです。
この KPackageKit で何がどこまでできるのかについては、また次回ご紹介したいと思います。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : openSUSE 11.4 アップデート KPackageKit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログを購読する
プロフィール

Red456

ブロガー:Red456

最新情報

Red456_openSUSEをフォローしましょう
openSUSE 関連サイト
お気に入りのサイト
カテゴリ
NAS (1)
NFS (1)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アクセス数
タグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。