ブロとも申請 全記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいバージョンのパッケージ適用方法

以前の記事 openSUSE 11.3 ソフトウェアリポジトリopenSUSE 11.3 用にリポジトリを整理しました。整理後、新たに追加したリポジトリがある場合は、そのリポジトリに新しいバージョンのパッケージがある場合がありますので、チェックしておきましょう。

今回は、他リポジトリに存在する新しいパッケージの適用方法をご紹介します、、、

<方法>
1.YaST > ソフトウェア > ソフトウェア管理を起動する。
opensuse11-3_software_update01.png


2.メニューバーより「パッケージ > すべてのパッケージ > 新しいバージョンがあれば更新する」を選択する。

3.更新対象のパッケージ数を確認し、「継続」ボタンを押下する。
opensuse11-3_software_update02.png


4.Red456 の環境では、競合問題が発生しました。対応方法を選択し、「了解」ボタンを押下する。
[kaffeine-lang-1.0-1.pm.2.1.noarch について]
・kaffeine-1.0-1.pm.2.1.x86_64 をインストールする(製造元を変更する)を選択しました。
opensuse11-3_software_update04.png


5.更新対象のパッケージ一覧を確認し、「了解」ボタンを押下する。
opensuse11-3_software_update05.png


6.変更対象のパッケージ一覧を確認し「続行」ボタンを押下する。
opensuse11-3_software_update06.png


7.インストールが開始され、しばらくすると完了する。


以上です。
これで登録したリポジトリ内に存在する最新バージョンのパッケージが適用されたかと思います。

リポジトリを登録するだけでは、最新バージョンのパッケージが適用されない場合があります。
リポジトリを追加した場合は、必ず上記手順を実施し最新バージョンをインストールするようにしましょう。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : openSUSE 11.3 リポジトリ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

openSUSE 11.3でのYaST2のソフトウェア管理には、あの忌まわしきフェイルセーフ機能が健在です。
罠にハマってる可能性が高いですよ.....。

Re: No title

通りすがりのsuseユーザさん

Red456です。コメントありがとうございます。

> openSUSE 11.3でのYaST2のソフトウェア管理には、あの忌まわしきフェイルセーフ機能が健在です。
> 罠にハマってる可能性が高いですよ.....。

正しくその通りで、ハマってました…。
これはリポジトリを追加した直後、忘れずに必ずチェックしなきゃいけませんね。
ブログを購読する
プロフィール

Red456

ブロガー:Red456

最新情報

Red456_openSUSEをフォローしましょう
openSUSE 関連サイト
お気に入りのサイト
カテゴリ
NAS (1)
NFS (1)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
アクセス数
タグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。