ブロとも申請 全記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GUI を使った openSUSE 11.3 へのアップグレード

2010-07-15 openSUSE 11.3 が正式リリースされました。
アナウンスされているリリース情報を見る限り、Red456 的にはあまりアップグレードのメリットを感じないのですが、せっかくなので 11.3アップグレードしてみました。

Wagon というアプリケーションを使った GUI によるアップグレード方法をご紹介します、、、

<前提条件>
(1) Wagon がインストールされていること。
Wagon のインストール方法は、以前の記事 バグ報告:GUI を使った openSUSE 11.2 へのアップグレード の手順 1~5を参照してください。

(2) openSUSE 11.2 リポジトリの無効化と openSUSE 11.3 リポジトリが登録されていること。
11.2 リポジトリの無効化と 11.3 リポジトリの登録方法は、以前の記事 バグ報告:GUI を使った openSUSE 11.2 へのアップグレード の手順 6~13を参照してください。

尚、11.3 リポジトリとして、以下の3つのリポジトリを登録してください。
1. リポジトリ名:openSUSE-11.3 OSS
 URL:http://download.opensuse.org/distribution/11.3/repo/oss/
2. リポジトリ名:openSUSE-11.3 Non-OSS
 URL:http://download.opensuse.org/distribution/11.3/repo/non-oss/
3.リポジトリ名:openSUSE-11.3 Updates
 URL:http://download.opensuse.org/update/11.3/

リポジトリ設定完了後は、以下のようになります。

upgrade_openSUSE11-3_00.png


<方法>
※以下の方法は、上記前提条件を満たしている状態で行って下さい。

1.「Alt」+「F2」キーを押下し「kdesu -c yast2 wagon」と入力し、選択・実行する。
upgrade_openSUSE11-3_01.png


2.root パスワードを入力し「OK」ボタンを押下する。
upgrade_openSUSE11-3_02.png


3.「次へ」ボタンを押下する。
upgrade_openSUSE11-3_03.png


4.競合問題が発生する。必要に応じて解決方法を選択し「了解」ボタンを押下する。
[libzypp-7.7.5-7.2.x86_64 の競合問題について]
・libsnmp15-5.4.2.1-11.2.1.x86_64 > アンインストールを選択しました。

[yast2-pkg-bindings-2.19.1-1.11.x86_64 の競合問題について]
・perl-SNMP-5.4.2.1-11.2.1.x86_64 > アンインストールを選択しました。
・net-snmp-5.4.2.1-11.2.1.x86_64 > アンインストールを選択しました。
・hplip-hpijs-3.9.8-3.4.1.x86_64 > アンインストールを選択しました。
・hplip-3.9.8-3.4.1.x86_64 > アンインストールを選択しました。
upgrade_openSUSE11-3_04.png


5.既にチェックが入っているので何も変更せずに「了解」ボタンを押下する。
upgrade_openSUSE11-3_05.png


6.同時にインストールされるパッケージ一覧が表示されるので確認し「続行」ボタンを押下する。
upgrade_openSUSE11-3_06.png


7.パッケージのダウンロードが開始されるので、しばらく待つ。
※途中で進捗バーが止まりフリーズしたかのように見えることもありますが、処理は続いていますのでそのまましばらく待つ必要があります。

8.「カスタマーセンター」を選択し、「次へ」ボタンを押下する。
upgrade_openSUSE11-3_08.png


9.「後で設定」を選択し、「次へ」ボタンを押下する。
upgrade_openSUSE11-3_09.png


10.更新するパッケージの合計サイズに値が入っていることを確認し、「次へ」ボタンを押下する。
upgrade_openSUSE11-3_10.png


11.「更新開始」ボタンを押下し、インストールを開始する。
upgrade_openSUSE11-3_11.png


12.エラーが発生する。「OK」ボタンを押下し、先に進む。
upgrade_openSUSE11-3_12.png


13.インストールが続行されるのでしばらく待つ。
upgrade_openSUSE11-3_13.png


14.インストール完了後、Red456 の環境では何故か手順 9 の画面に戻りました。
 「後で設定」を選択し、「次へ」ボタンを押下する。

15.「完了」ボタンを押下する。
upgrade_openSUSE11-3_14.png


16.デスクトップ環境上の GUI が一切応答しなくなりました。
 「Alt」+「Ctrl」+「F2」キーを押下し、コマンドライン画面にし root でログイン後、以下のコマンドを実行しシステムを再起動する。
# shutdown -r now

17.システム再起動後、X が起動しなくなりました。
エラーログ「/var/log/Xorg.0.log」を参照すると、/usr/share/fonts 以下に TTF, OTF, misc/sgi フォントがないというエラーが発生していたので、以下の通り作成しました。

# mkdir /usr/share/fonts/TTF
# cd /usr/share/fonts/TTF
# mkfontdir
※上記は TTF の例です。同様に /usr/share/fonts/OFT, /usr/share/fonts/misc/sgi も同様に行います。

18.「startx」コマンドを実行して X の起動を試みましたが、再度エラーが発生し X が起動しませんでした。/etc/X11/Xorg.conf ファイルを削除し、システムの再起動を試みたところ Xが起動するようになりました。

# mv /etc/X11/Xorg.conf /etc/X11/Xorg.conf.20100717
※削除とありますが、実際にはファイル名の変更の方が良いでしょう。


以上です。
これで 11.2 から 11.3 へのアップグレードが完了したかと思います。
アップグレード後、X が起動しないという問題が発生しましたが、何とか復旧できました。
KMS を無効にしてくださいというエラーメッセージが表示されていたので、KMS が影響しているようですが、詳細は不明です。

X が起動するか否かについては環境依存になると思いますので、発生したらエラーログを見て対応してみてください。
その他、アップグレード後に機能しなくなった主だったものを以下に紹介します。

・デュアルディスプレイが機能しなくなった。
・Bluetooth キーボードがシステム起動直後のログイン画面で使えない。
(※ログイン後は、使えます。)
・ボリュームの音量の制御ができない。
(※スピーカー本体のボリュームコントロールを使うしかないです。)

これらの問題については、調査の上ご報告したいと思います。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : openSUSE 11.3 アップグレード

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログを購読する
プロフィール

Red456

ブロガー:Red456

最新情報

Red456_openSUSEをフォローしましょう
openSUSE 関連サイト
お気に入りのサイト
カテゴリ
NAS (1)
NFS (1)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
アクセス数
タグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。