ブロとも申請 全記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LaTeX 日本語環境のインストール

以前の記事 LaTeX 環境のインストールLaTeX 環境をインストールしましたが、このままでは日本語をビルドできないことをご紹介しました。
日本語をビルドできるようにするには、texlive-cjk パッケージのインストールが必要です。
今回は texlive-cjkインストール方法をご紹介します、、、

<方法>
1.YaST > ソフトウェア > ソフトウェア管理を起動する。

2.キーワードに texlive-cjk と入力して、検索ボタンを押下する。

3.texlive-cjk にチェックを入れ「了解」ボタンを押下する。
(※texlive-cjk にチェックを入れると自動的に texlive-cjk-latex-extras にもチェックが入ります。)
texlive-cjk_install03.png

4.他に必要なパッケージ一覧が表示されるので、確認し「続行」ボタンを押下する。
texlive-cjk_install04.png


5.インストールが開始され、しばらくするとインストールが完了する。

6.「Alt」+「F2」キーを押下し「kile」と入力後、Kile を選択する。
kile_install06.png


7.以下の内容のドキュメントを作成する。
(※以下では、文字コード UTF8, フォント sazanami-fonts-*.rpm の利用例となります。)

\documentclass[a4paper,10pt]{article}
\usepackage{CJK}

\begin{document}
\begin{CJK}{UTF8}{sami}
こんにちは.
\end{CJK}
\end{document}

8.メニューバーより、「ビルド > クイックビルド」を選択する。

9.Okular が起動し、日本語がビルドできたことを確認する。
texlive-cjk_install09.png


以上です。
これで LaTeX 環境で日本語文章のビルドができるようになったかと思います。

上記の日本語ドキュメントの例を見ると日本語の文章の箇所は、\begin{CJK}{UTF8}{sami}~\end{CJK} で囲まなければならないことがわかります。このことから texlive-cjk はどちらかというと、英語の文章の中に部分的に日本語を入れる形での利用を想定しているものと思われます(もちろん、日本語の箇所全て \begin{CJK}{UTF8}{sami}~\end{CJK} で囲ってしまっても良いと思いますが)。

texlive-cjk パッケージでは、日本語の他に中国語、韓国語もビルドできるとのことです。当パッケージの詳細については、/usr/share/doc/packages/texlive-cjk-latex-extras 以下の README.SuSE ファイルやサンプルの tex ファイルを参照して下さい。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : openSUSE 11.2 インストール LaTeX texlive-cjk

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログを購読する
プロフィール

Red456

ブロガー:Red456

最新情報

Red456_openSUSEをフォローしましょう
openSUSE 関連サイト
お気に入りのサイト
カテゴリ
NAS (1)
NFS (1)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
アクセス数
タグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。