ブロとも申請 全記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Updater Applet によるアップデート方法

以前の記事 コマンドライン・パッケージ・マネージャー Zypper で、openSUSE では
パッケージ・マネージャーとして Zypper が使われていることをご紹介しました。
セキュリティパッチが提供されたとき、このコマンドを使うことでパッチをインストールすることが
できますが、GUI で操作可能な Updater Applet を使った方が便利です。
今回は Updater Applet によるアップデート方法をご紹介します、、、

<方法>
1.タスクマネージャにある Updater Applet(赤い三角の「!」)をクリックする。
※ Updater Applet はデフォルトでは、システム起動時に自動起動するようになっています。
howto_update01.png


2.「詳細」ボタンを押下する。
howto_update02.png


3.内容を確認し、「インストールする」ボタンを押下する。
※下図では適用には再起動が必要とありますが、Updater Applet では後述する手順の通りインストールが完了しても再起動は促されません。
howto_update03.png


4.root パスワードを入力し、「認証する」ボタンを押下する。
howto_update04.png


5.Updater Applet のアイコンが更新中(縁が黄色の丸い Geeko アイコン)に変わり、インストールが開始される。
howto_update05.png


6.更新中の状態で Updater Applet のアイコンをクリックすると、更新中であることが確認できる。
howto_update06.png


7.インストールが完了すると、Updater Applet の縁が緑色の丸い Geeko アイコンに変わる。
howto_update07.png


8.完了の状態で Updater Applet のアイコンをクリックすると、更新するものがないことが確認できる。
howto_update08.png


以上です。
Updater Applet を使うことで、GUI 操作でクリックしていくだけでアップデートできることがわかるかと思います。何かあったときの保険として Zypper も知っておいた方が良いと思いますが、普段はこの Updater Applet によるアップデートで十分でしょう。

尚、手順でも紹介しましたがアップデート完了した後、適用には再起動が必要な場合でも、Updater Applet は再起動を促しません。よって、すぐに適用したい場合は、手動で再起動かける必要がありますのでご注意下さい。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : openSUSE 11.2 アップデート

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログを購読する
プロフィール

Red456

ブロガー:Red456

最新情報

Red456_openSUSEをフォローしましょう
openSUSE 関連サイト
お気に入りのサイト
カテゴリ
NAS (1)
NFS (1)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
アクセス数
タグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。