ブロとも申請 全記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HTTPサーバに PHP 実行環境を導入する方法

以前の記事 YaST > HTTP サーバ モジュールの最小構成Apache HTTP Server を
起動するために最低限必要なモジュールを紹介しました。
しかし、この状態では PHP アプリケーションを実行することができません。
今回は Apache HTTP Server で PHP アプリケーションを実行できるようにする方法をご紹介します、、、

1.YaST > ネットワークサービス > HTTP サーバを起動する。

2.「サーバモジュール」タブを選択する。

3.一覧から「php5」を選択し「状態の切り替え」ボタンを押下し「有効」にする。
httpserver_php_install03.png


4.「完了」ボタンを押下する。

5.「インストールする」ボタンを押下する。
httpserver_php_install05.png


6.インストールが開始され、しばらくすると完了する。

7.動作確認のために phpinfo.php ファイルを新規作成する。

8.phpinfo.php ファイルを編集し、以下の記述を追加する。
・phpinfo.php ファイルの内容:以下の1行のみ記述する。
(※便宜上 "<", ">" は、全角で表示しております。正しくは半角ですのでご注意下さい)

<?php phpinfo(); ?>

9.phpinfo.php ファイルを Apache HTTP Server のドキュメントルートに配置する。
(デフォルトでは、/srv/www/htdocs/ がドキュメントルートに設定されています。)

10.Web ブラウザで http://localhost/phpinfo.php にアクセスし、
 PHP の情報が表示されることを確認する。
httpserver_php_install10.png



以上です。
これで Apache HTTP Server で PHP アプリケーションが実行できるようになりました。
今回は phpinfo を表示してみましたが、pukiwiki など他の PHP アプリケーションも
実行できるか試してみてください。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : openSUSE 11.2 Apache Webサーバー PHP

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログを購読する
プロフィール

Red456

ブロガー:Red456

最新情報

Red456_openSUSEをフォローしましょう
openSUSE 関連サイト
お気に入りのサイト
カテゴリ
NAS (1)
NFS (1)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
アクセス数
タグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。