ブロとも申請 全記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Logicool マウス MX™1000 のインストール

openSUSE 11.1 で Logicool のマウス MX™1000 が使えるかどうかを試してみました。

<インストール>
受信機をPCのPS/2と接続するだけ。

これで、インストール完了。

ドライバのインストールなどしなくても、
問題なくマウスが動作します。
おかしな挙動になることもありません。
左クリック、右クリック、スクロール、問題なく動作します。

ただし、MX™1000の全ボタンが有効にはなりません。
動作確認できたボタン機能は、

・ブラウザの「進む」と「戻る」機能
(※Firefoxにて確認)

動作しないボタン機能は、

・アプリケーション切り替え機能
・ズーム機能

もしかしたら、
何かドライバなり、ソフトウェアなりをインストールすれば、
動作するようになるかも知れませんが、
私自身、ボタン機能は特に利用しないため、追求しておりません。
少なくとも、Logicoolのサポートには、そのようなものはありませんでした。

最後にYaSTでどのような認識になっているかを見てみます。

YaST > ハードウェア > マウスのモデル
Logicool MX™1000

Logitech MX Mouse の PS2 マウスと認識しているようです。
特に動作に問題がないので、このまま利用しています。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : openSUSE マウス Logicool MX1000

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログを購読する
プロフィール

Red456

ブロガー:Red456

最新情報

Red456_openSUSEをフォローしましょう
openSUSE 関連サイト
お気に入りのサイト
カテゴリ
NAS (1)
NFS (1)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
アクセス数
タグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。