ブロとも申請 全記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Skype マイクの設定

以前の記事 Skype インストール方法 でマイクが使えなくなったことを報告しました。
これは Skype の Microphone の制御が PulseAudio になってしまったためです。
今回は、PulseAudio 管理アプリケーションでの Microphone の設定方法をご紹介します、、、

<問題>
 Skype でマイクが使えないため、音声通信ができない。
 (Skype の Microphone 設定が PulseAudio になっているが、機能しない。)


<原因>
 KDE システム設定の音声キャプチャを見ると PulseAudio の項目がなく設定できない。
 よって、音声キャプチャ(マイク)については、別途 PulseAudio の設定をする必要がある。
skype_microphone_setting00.png


<対策>
1.以前の記事 PulseAudio 管理アプリケーションのインストールPulseAudio 管理
アプリケーションをインストールし、起動後右クリックメニューから「Volume Control」を選択する。

2.「Recording」タブを押下する。
skype_microphone_setting02-2.png


3.Skype を起動し、オプション > サウンドデバイス > テスト通話の作成ボタンを押下する。
skype_microphone_setting03.png


4.Volume Control に Skype が表示されるので Input from に適切なマイクデバイスが選択されていることを確認する。選択されていない場合は、デバイス名のボタン(下図の場合だと「Live! Cam ...」)を押下し、適切なデバイスを選択する。
skype_microphone_setting04-1.png


5.Skype でマイクが使えるようになる。


以上です。
PulseAudio 管理アプリケーションを使って、アプリケーションがどのデバイスを使うか
選択できることがわかるかと思います。
Red456 の環境では、この設定によって Skype 通話ができるようになりました。

マイクに限らず、スピーカーから音がでない場合も同様に設定すれば、
出力されるようになると思いますので、サウンド関連でトラブルが発生した場合は、
PulseAudio の設定を見直してみてください。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : openSUSE 11.2 Skype PulseAudio

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ブログを購読する
プロフィール

Red456

ブロガー:Red456

最新情報

Red456_openSUSEをフォローしましょう
openSUSE 関連サイト
お気に入りのサイト
カテゴリ
NAS (1)
NFS (1)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アクセス数
タグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。