ブロとも申請 全記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

openSUSE 11.2 インストール後 VNC が接続できない

以前の記事 openSUSE 11.2 ネットワークインストール方法11.2 をインストールしました。
その後、VNC の接続設定を行ったところ、接続できない現象が発生しました。
今回は,その詳細と、原因・対処方法をご紹介します、、、

<方法>
以下の記事と同じ方法で VNC の設定を行う。

Bloody Rose - VNC でリモート接続する方法


<問題>
VNC の設定をした PC 上で KRDC を使って、自分自身に VNC 接続すると、
真っ暗な画面が表示され、しばらくすると「接続が切断されました」といったメッセージが
表示され、VNC で接続できない。


<問題の切り分け>
VNC の設定を OFF にした状態で KRDC を接続すると「接続できませんでした」
というメッセージがすぐに表示されることから、VNC の接続はできている。
よって、VNC 接続した後の処理で止まっており、一定時間経過後、タイムアウトによって、
接続が切断されているものと思われる。


<原因>
ホスト名の設定がされていないため。
インストール時には、ネットワークデバイスに割り当てられているホスト名が
YaST > ネットワークサービス > ホスト名(/etc/hosts ファイル)に設定されていない。


<対処方法>
1.YaST > ネットワークデバイス > ネットワークの設定 > ホスト名/DNS タブに設定されている
 「ホスト名」をメモしておく。
vnc_hostname01.png


2.YaST > ネットワークサービス > ホスト名を起動する。

3.127.0.0.1 の行を選択し、「編集」ボタンを押下する。
vnc_hostname02.png


4.「はい」ボタンを押下する。
vnc_hostname03.png


5.ホスト名の別名に手順1で設定されていたホスト名を入力し、「OK」ボタンを押下する。
vnc_hostname04.png


6.手順3のホスト設定画面に戻るので「OK」ボタンを押下し、設定を完了する。


以上です。
これで VNC で接続できることが確認できました。
11.2 ではインストール後、ホスト名が設定されていないようです。
ネットワークデバイスで設定しているホスト名は必ず設定しておくようにしましょう。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : openSUSE 11.2 リモートデスクトップ VNC

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011-03-10のツイート

突っ込みどころが多すぎてさっぱりだ。全人口のうち12-69歳全員パソコン・携帯が一人1台って所からおかしいだろ。 http://www.riaj.or.jp/release/2011/pr110309.html 16:52 via web IS05のホットモック触ってこれた!個人的にはIS04より小さい分ホールド感がいいな。IS0...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ホスト名

私のところではopenSUSE 11.2でもホスト名は記述されております。

ネットワークインストールで
「自動設定を利用する」
のチェックを外してのインストールでですけども.....。

ホスト名の設定も「自動設定を利用する」と除外されてしまいますのでそのためかと。

Re: ホスト名

通りすがりのsuseユーザさん

インストールモードの選択画面で「自動設定を利用する」のチェックを外すと
ホスト名の設定もできるんですね。
ご報告ありがとうございます!

自動設定を利用したときでもデフォルト値が登録されるのが、
本来あるべき姿なのでしょうけども…。
ブログを購読する
プロフィール

Red456

ブロガー:Red456

最新情報

Red456_openSUSEをフォローしましょう
openSUSE 関連サイト
お気に入りのサイト
カテゴリ
NAS (1)
NFS (1)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
アクセス数
タグクラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。